2005年07月31日

Onsaの夏休み

今日で7月も終わりということで、今年もあっという間な感じがしてきましたが、まだまだ暑い日が続いてます。毎日オートバイ通勤なんですが、この暑さと太陽のせいでそのまま海方面にふらーっと走らせたくなる衝動に毎日駆られてしまいます。
さてそんな暑さの中、Onsaの夏休みが決定しました。これといった夏休みの予定もないのですが(寂)、定休日を挿んで、8/16(火), 17(水), 18(木)と3連休いただきます。
夏と年末の時期は、海外のレコード、CDのリリースもめっきり少なくなります。当然バケーション・シーズンだからなのですが、仕事をしているこっちまでもが影響されてしまいます。毎週末海外から送られて来るリリース・インフォの量も既に寂しい感じ。このレコ屋というルーティン仕事を10年以上続けていられる要因の一つは、新譜です。毎週違ったものが入荷するというのは新鮮な気分にさせられるんですね。なので新譜の量が少なくなってくるというのは仕事へのモチベーションまで自ずと下がるということになってきます。まーでも単純にこう暑いと脳が働きませんね。
暑さのせいなのか(?)そういえば毎日ゴーヤばっかり食べてます。



050711_0746~01.jpg


posted by 原 雅明 at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

OMID 2

 有田さんじゃなくて、オミッドさんのプロモ・ビデオです。
http://www.hiphopvinyl.de/druck/musical_chairs.avi
ドイツ人のファンが作ったものだそうです。アルバム『Distant Drummer』の素敵なトラック“Musical Chairs”の素敵な映像化。超限定公開です。すぐリンクが消えると思うので、もうなくなっていたら、ごめんなさい。

 で、そのオミッドさんも参加した『ILL SUONO Remixed』いよいよ発売です。国内外の凄腕が揃ったハイ・クオリティをお楽しみください(Onsaでご購入の方にはオマケ付きます)。
posted by 原 雅明 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

津田恒実 +

pro_01.jpg


なぜか7月に入ってからふと思い出し昨日を迎えたんですが、やっぱりちょっと思い出してもらいたいという気持ちはありますね。
昨日の7/20で13回忌を迎えたことになります。
テレビでどっかその話しに触れないかって見ていたら、やっぱり達川が触れてくれました。
奥さんが書いた手記やNHK特集、ドラマ化などで知ってる人もいると思いますが、個人的にはやっぱりピッチャーとしての彼の映像を今まとめて見たい。
バースをストレート3球勝負で三振取ったシーンとか単純にもう一度見たい。
彼がデビューしてから亡くなるまでの間、実際に活躍した期間ってそんなに長くはないんですが、躍動感のあるピッチング、150km台の伸びる球筋は不思議なくらいに鮮明に記憶されてます。そもそも根本的には自分が投げる時のイメージっていまだに津田がいるんです。だから自分も真っ向勝負で、かわすピッチングができないんだと最近改めて気付いたんですけど(笑)

続きを読む
posted by 原 雅明 at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

Tour de France

 書こう書こうと思いながら、ここまで何一つ触れずにきたツールのお話です。フルに見られないながらも、頑張って見てはいるのですが……、なんか、みなさんはっきり断言しないようなんですが……、今年のツール、あまり面白くないです。いや、ペレイロの今日(正確には昨日)の意地の走り抜きとか、モンクティエの逃げっぷりとか、さらに遡れば、ラスムッセンとか、いいじゃないですか。好きですよ。愛すべきキャラは数々発見できます。ステージ毎のディテイルに楽しみは見出せるのですが、しかし、今日、いつもの穏和な口調ながら、しっかりとTモバイルのヘタレぶりと、それによって総合争いが如何に退屈なものと化したかをきちんと指摘した栗村修は、やはり偉いと思うのです。ウルリッヒはチキン野郎だ(なんて直接は言いませんよ、あくまで恣意的な解釈です)と、彼は周りの人を少しも不快な気持ちにさせることなく、その意図をきちんと伝えてみせました。ほんとうに解説者として優れています。いま目の前の出来事を記述できず、ただ心拍機能や蘊蓄の話に逃げる解説者には、彼の男気ある批評は理解できないでしょう。
続きを読む
posted by 原 雅明 at 02:58| Comment(2) | TrackBack(0) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

『戸』『K1WORLD MAX』

door.jpg




『戸』

前にここでお店のドア問題について話したところ、内装をやってる方から連絡をいただき早速安価で入り口の戸を作ってもらえました。ちょっと高めのしっかりしたビニール素材で、中央に四角い木を配置(うち1個は引き手になります)してます。高い値段でドアを作るか、もっと安いチープなビニールを張るかしか頭になかったので、さすが内装屋さん、その間を取って安っぽくならず、かわいく仕上げてくれた感じで気に入ってます。板垣さんありがとうございました。また何かある時はぜひお願いします。
いやでもこんな場の戯言的なblogでちゃんと反応をもらえて、実際に助けていただけたというのはすごいなーというかホントに感謝の一言です。

そんなわけで今週金曜日のインストア・イベントも涼しく見ていられますのでぜひ!

DAVID LAST Insore Live @ Onsa
7/22(金)20:00〜
無料です!
続きを読む
posted by 原 雅明 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

OMID

omid44.jpg
 23日(土)にリリースされるアルバム『ILL SUONO Remixed』に参加しているOMIDからアーティスト写真が送られてきました。リリースのインフォにアー写を使いたいから、とだいぶ前にお願いをしていたのだけど、今度ちゃんと写真を撮るからもう少し待ってくれ、と言って、そして律儀に忘れず送ってくれたのです。でも、インフォには間に合わなかったのでした。
 で、この写真を見るなり、AZZURROこと白石さんが「有田にしか見えない」と言いました。その通りですね。見れば見るほど、味わい深いアー写です。
続きを読む
posted by 原 雅明 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

GROOVE 1999

 早急に探し出さないといけないものがあって、引っ越し以来開けていない段ボールをひっくり返し、ついでに掃除まで始めたのだけど、一向に目的物は発見できません。代わりに発見できたのは、かつてのGROOVE誌でした。いまもありますが、一度潰れてしまった旧GROOVEの方です。90年代後半、この雑誌は元気がありました。クラブ・ミュージックとそれに付随する機材関連をメインにした内容だったのですが、編集者たちは毎月雑誌を回していかねばならないルーティーンワークだけに飲まれることなく、広告にべったりと依存することもなく、面白いことを仕掛けようとする気概があり、普通の音楽専門誌にはない破天荒さを要所要所で出現させました。例えば、こんなマイルス・デイヴィスについての長文が平気でメイン特集になり、表紙もマイルスが飾ったりしていました。長いけど、全文掲載します(実際の誌面では、編集者によるとても丁寧な注釈が入っていました)。以下は、お暇で興味がある方だけお読み下さい。もう6年前の拙文です。
続きを読む
posted by 原 雅明 at 15:05| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

Onsa満6歳

今日で無事満6歳を迎えました。Onsaをご利用された方、、また何らかの形で関わっていただいた方々ありがとうございました。
子供に置き換えて6歳と考えたら何かけっこうでかくなったなーという実感が湧いて来ました。

先日の野茂の話しではありませんが、決して派手な打ち出し方もせず、淡々と6年が過ぎたということを考えると、実はOnsaも持続の中で存在をアピールしていくタイプなんだと今頃になって実感したりしてます(ただ、持続が目的ではないことも確かです)。
なので7年目の抱負とかをもし聞かれても、目の前のことをこなしていくだけです、としか答えようがないんですよね、野茂が、次の試合勝つだけです、って答えるように。
ただ、今年から会社になったことでもうちょっと客観的な動きがこれからはできるのではないかとも思ってますので、夏以降のcordeの活動も御期待いただければと思います。
あと遅れてますが、Onsa Tシャツを今年は作ります。好評だった最初のベージュ・ヴァージョンを作りますので、みなさんぜひ買って着て下さい。
いろいろ他にも書くことあったんですが、まとまらんのと、今日は書く時間がないので、また別の機会に。
7年目以降もOnsaをよろしくお願いします!


***************
David Last インストア・ライヴ!
7/22(金)20:00-20:30
Onsaにてやります。フリーですのでぜひ!



posted by 原 雅明 at 19:32| Comment(5) | TrackBack(0) | etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

売文業

 っていうのは損な職業だと改めて思います。というか、職業とも思われていないのかもしれませんね。売文と称するのは、まあ自分の立場を多少はわきまえているわけですが、ライターと称された場合には、それはいきなり蔑称になるのだとも思います。皆、ネットで気軽に感想を述べることができる状況では、ライターの存在価値とは? という当然の展開にもなるわけです。
 だから、売文なんだろうとも思うのですが、だいたい10年前から原稿料など1円たりとも上がっていないという呆れるばかりの状況が頑としてあるわけです。とても悲しく、また情けない状況ですが、これでは良い原稿を書いてお金をもらおう、という志の高い若人が出てくるわけもないのです。

 続きを読む
posted by 原 雅明 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

被災

ceiling2.JPEGceiling.JPEG


ここまで来ると笑うしかありません。
どうやら梅雨が終わるまではこのネタを引っ張るしかないようです。

ここ最近の雨で違う箇所の天井が抜け落ちて来ました。
更に今日はそこから雨水が容赦なく滴り落ちて来て、カウンター内で作業することもままならない状況となってます。
実はこの雨漏り、うちだけでなくビル全体に被害は広がっていて、先週の木曜日はエレベーターが一日ストップするというハプニングも発生しました。さすがにその日6階まで階段で上がって来るような骨のある(?)人は3名のみ。
エレベーターは一応復旧してますが、いつ何時またストップするか知れたものではないので、ご来店される方々は日々のトレーニング、準備運動を忘れずにお願いいたします。

復旧の見込みは現在のところ???という感じで、とりあえず梅雨よ明けてくれと願うしかない状況です。しかしながらこんな状況でもしっかり営業はしてますので、この際、天井の穴を見にご来店下さい。
posted by 原 雅明 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

Onsa 6th Anniversary

昨日のイベントに足を運んでいただいた方々ありがとうございました。
緩いイベントと予告してはいましたが、場の空気と出演者陣のプレイですっかりアゲな盛り上がりを見せてくれてました。緩いの期待した人には申し訳ありませんでした。ライヴ等で盛り上がっていただけた方々は、何よりです。

今後も定期的にイベントができればいいと考えてますので、次回もぜひ遊びに来て下さい(次回は緩い感じでまったりとしたいと思っとります)。

それから7/22(金)にAgricultureからリリースするDavid LastがOnsaにてインストアを行うこととなりました。時間等の詳細はまだ決まってませんが、無料ですので興味ある方はぜひ足を運んで下さい。

更に余談ですけど、昨日のイベントで、現在パンクラスでやっている野地竜太選手と話しをいろいろ出来たのは個人的な収穫でした。極真時代から活躍ぶりを追いつつ、某フリーペーパーでは池袋の総本部道場でインタビューさせてもらったこともあるだけに、ぜひとも何とか、過去のしがらみを超えてキックのリングに再び上がっていただきたいと切に思うわけです。



posted by 原 雅明 at 15:17| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

本日です

10:00〜11:00 DJ FUNNEL
11:00〜12:00 DJ Hashim B
12:00〜12:30 LIVE Cappablack
12:30〜 1:30 DJ TARO
1:30〜 2:00 LIVE ILL SUONO
2:00〜 3:00 DJ FUNNEL
3:00〜 3:30 LIVE ORGA & FUNNEL
3:30〜 5:00 DJ SHONAI

 久々に凄まじくニュアンスのない料理に出会いました。コロンビア料理<アレパ>のパーティの様子は、こちらこちらを。
posted by 原 雅明 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。