2006年01月27日

大変な1週間でした

CONFLICTEP.jpg

 2/18リリース予定のCONFLICTの12"のテストプレス到着の喜びから始まって今日までの1週間。まったくもって大変でした。ピークは、火曜日のインフルエンザの突然の襲来です。昼過ぎから寒気がしてヤバい感じがしてはいたのですが、渋谷に立ち寄っている最中に突如、動けなくなりました。半ば記憶がないままにOnsaに何とか戻ってきて、こりゃダメだ、と確信。早退させてもらいました。

続きを読む
posted by 原 雅明 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

土曜日に迫りました Scape Japan Tour @ UNIT

107_112.jpg 

火曜日に渋谷のLushでやったPoleとJan Jelinekのライヴを見てきました。Janは新作アルバムのサウンドをベースにしていましたが、よりGrooveを感じさせつつ、ディープにサイケなそのプレイっぷりは最高でした。Poleとは年に1回くらい顔を合わせているんですが、Janは約5年ぶりの再会で、何だか彼は大人っぽくなったというか、以前moxaとして日本に呼んだ時よりも更に落ちついた、クールな雰囲気になってたのが印象的でした。
 Poleの方は去年のドイツ年のイベントでやったライヴともちと違い、より4/4を主体にテクノ寄りな展開でした。いつもよりアップテンポなPoleも気持ちよかった。しかし相変わらずの太っい低音っぷりに毎度ながらも感心させられます。

 土曜日のUnitでのライヴはバンドなので火曜日とはまた全然違うものになりそうです。東京近郊の方々はぜひともご観覧においでください。B3FのSaloonではcorde仕切りにて、Soup-Diskの期待の新人Conflictのライヴ等もありますのでぜひ!
posted by 原 雅明 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

今日の出来事 1/24(火曜日)

想像してください。
「スケーター風のダボっとした長袖Tシャツにパンツという出立ちで、髪はボサボサの6、7才の少年が、裸のままのフランスパン(半分くらい食べかけ)を片手に握りしめ、信号待ちしている図。」
今日恵比寿の交差点で見かけた少年なんですが、何ともワイルドなその様が妙にイカしてたんです! このご時世フランスパンを裸で歩きながら食ってる(給食のコッペパンではない!)小学生はいないでしょ。ホントにかっこよかったんですよ(これ伝わらんだろうな)。こんな時カメラ付き携帯だったら・・・と思うところですが。

今日はこれからPole, Jan Jelinekの渋谷でのライヴを見に行ってきます。原さんはどうもインフルエンザにかかったぽく(彼女に移されたっぽい)早引きいたしました。今週は土曜日にScape Japan TourのUnit/Saloonでのイベントがあるため(Saloonはcordeの仕切りです)、何とかそれまでには治ってほしいものですが、他人の話を聞くと復活するまでには5日くらいかかるとか。とりあえず自分がかからないように気をつけるしかありません。世間的には流行ってるようでみなさまもお気をつけくだされ。

6250021M1027.jpg
タミフルなんですかね、やっぱり。
posted by 原 雅明 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

2月19日はmoxaでDavid Lastです

moxa.jpg

 Opiateから始まって、Pole、Jan Jelinek、Busdriver、Daedelusなどを呼んできた、soup-diskとonsaで不定期(過ぎるペース)にて催してきたパーティmoxaがぼちぼち復活いたします。今度の1月28日(土)のSaloon (12月22日の記事を参照下さい)に続いて、2月19日(日)には、同じSaloonでNYからDavid Lastを招いて開催します!




続きを読む
posted by 原 雅明 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

日本(人)舐めんなよ、と思うのです、その1

 小野伸二が浦和に戻ってくるんですね。で、そのことより加地さん@元FC東京の移籍がいまもってショックな自分なんですが、まあ、いろいろ考えてみたくなる今日この頃なんです。最近巨人みたいな赤いチームさんは私、“サッカー的”に嫌いなんですが(あくまで“サッカー的”に、ですよ、それに大嫌い、と言っていませんよ、大嫌いなのは主に女声な応援がうるさいチームたちです)、そんなことより何より、海外での活躍、ということをグローバルに考え直したりしてみる今日この頃なのです。

 いや、サッカーのコアなインサイダー話は分かりませんが、音楽の世界ならこれは痛いほど分かります。ドメスティックな音楽マーケットを飛び越えて、グローバルに受け入れられていく可能性をアーティストなら当然希求するわけですが、そうはなかなかすんなり行かないのです。なぜに行かないのか、といういうと、はっきり言って、日本人が舐められているから、としか思えないような状況に最近身をもって遭遇するからなのです。

 中田(ってサッカーのです)が、ろくに活躍できずにベンチに下げられたりする光景を見ると、僕には苦々しい感情が沸いてくるのですが、それは自分ではどうにもならない理不尽な光景を思い起こさせるからです。つづく

posted by 原 雅明 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

迎春2

napster.jpg

 遅ればせながら、おめでとうございます。私の正月はただ掃除をしているうちにあっという間に終わってしまいました。今年こそ、長期休暇を目標に頑張っていきたいと思います! ワールドカップのチケットがまだ手に入るぞ!というOpiateことThomas Knakからの魅力的なメールに強く心動かされております。

 というわけで、正月らしいネタはないので、掃除ついでに見つかった原稿をまた貼り付けさせてもらいます。今回は、図書新聞に書いた『ナップスター狂騒曲』という本の書評です。しかし、本もすぐに手に入らなくなってしまうものなんですね。例によって興味のある方のみ続きをどうぞ。

続きを読む
posted by 原 雅明 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

迎春

051210_0640〜01.jpg

あけましておめでとうございます。年末年始はすっかり格闘技三昧でしたが、一番エキサイティングだったのは昨日行った後楽園ホールでの全日本キックの興行だったりして、すっかりキック熱再燃しております(それについては後日また書きます)。
cordeとして会社設立して今日でちょうど1年。恵比寿に移転してもうすぐ1年。ホントにあっという間だった感じがします。去年は下北を閉店、恵比寿移転と、とにかくバタバタだった印象で、ホントの始動は今年からな気がしてます。そんなわけで今年は、行動をテーマに日々がんばりたいと思っております(有言実行)。そして今年はホントにOnsaTシャツ作ります(有言実行)。2006年もみなさまよろしくお願いします。
posted by 原 雅明 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。