2008年10月31日

BEAT FOR BEAT

 LOW END THEORY JAPANでDスタイルズが物販していたDVD『 GUNKHOLE LIVE IN BOLOGNA』に触れる機会を逸していたので、この辺で紹介を。これがとても良い内容なのである。ガンクホールは、Dスタイルズとリッキー・ラッカーとマイク・ブーの3DJにドラムのジオバンニ・テイラーが加わったグループ。MyspaceでDVDの音源の一部が聴けるが、このイタリアのボローニャでのライヴではベースやフルート奏者も参加していて、彼らはFaze Liquideというイタリアのニュー・ジャズ・グループのメンバーらしい。リッキー・ラッカーの『Fuga』とかDスタイルズも参加しているダディ・ケヴとエイウォール・ワンの『Slanguage』にも通じるフリーキーなジャズ・グルーヴ(ジャズ・ロックやプログレ的な要素も含め)を展開している。僕はDスタイルズのこういう地味で渋い路線もすごく好きで、というか彼はそもそもイケイケなプレイというよりこういう志向が強いんだと思う。同じくDVDで発売されているBastard Language Tourでも↓こういう地味〜なノリが好きだ。ガチガチにコスリたい人には退屈だろうけど、これがいいんじゃん、と思う。


 もう1本『SOUNDCLASH』も紹介しないと。こちらはLAでも有名なパーティROOT DOWNのビートバトルを収録したものだが、ROOT DOWNの主催者の一人である故DJダスクことタレク・カプタンに捧げられた内容にもなっていて、そういう意味では『From L.A. With Love』と通じるものがある。ダスクについて僕は多くを知らないけれど、彼の名前は彼方此方で訊いてきたし、多大なリスペクトを受けているのは分かる。そしてこのビートバトルが、のちにLOW END THEORYのビート・インヴィテーショナルに発展していったとも言える。予想外だったけどウィル・アイ・アムのプレイがとても良かった。この時点(2002年)でこういうビートを出していたというのも新鮮に思える。
posted by 原 雅明 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

盤極道

 古い友人であるVJの(他にもいろいろやっている)生西くんの依頼で、DJをやります。来週です。「(今回のイベントについて)特に決め台詞は無し、問答無用で願います」とは生西くんの弁。

盤極道 第参回
2008.11.07 (fri)
@六本木SuperDeluxe
19:00〜
charge : 1000yen
Special Guest DJ:原雅明 (disques corde/soup-disk)
DJ:AxZxMxYx a.k.a 東谷隆司、角田俊也、田中理世、生西康典


 cordeもいろいろお世話になったスーパーデラックスではいま6周年ウィークとしてオールチャージ1000円イヴェントを毎日やっているのだけど、今週金曜日(31日)は、Riow Araiや環ROYも出演して面白そう。
posted by 原 雅明 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

DJ SMASH / DJ KENSEI

recordboxpic2.jpg

『Jazzy Grooves Collection』をまとめるにあたって、ライナーとして、スマッシュの音をDJとしてチェックし続け、大切にかけつづけてきたDJケンセイへのインタビューを掲載している。結果的に1万字ほどのインタビューをほぼそのまま掲載することにした。話は90年初頭の六本木のディスコ/クラブ時代からスタートし、Eightballから追い続け、スマッシュの歩みと併走するようにDJを続けたケンセイさんのストーリーも追っている。非常に読み応えのあるインタビューになっていると思う。僕自身も知らなかったことがいろいろあったし、ケンセイさんの解釈(と言って堅ければ、聴き方と選び方)の具体例を通してスマッシュが当時やろうとしていたことの先見性を改めて振り返り、そして、DJの特性ということを考え直させられもした。それは巨大フェスやライヴ主体のロック・コンサートのりのイヴェントとはまったく別物の、その場にいる人自らが遊びを見出す感性の在り方という今日的な問題を浮き彫りにもしたし、まあ、でもそんなシリアスに捉えずにもちろん音には触れることができるし、触れてもらいたいのだけど、ただ、いずれにせよ、ケンセイさんと、あとスマッシュ本人のライナーノーツはほんとうに素晴らしい内容なので、ぜひとも読んでもらいたいと思う。

 先週からいろいろなところに出向き、いろいろな人に会ったり、スッぽらかしたり(ごめんなさい)、自転車漕いだり、なんだかんだあったのだけど、ひとまずこれからリョウアライや店主たちと会い、その後、余力があれば、CHUくんたちがやっているSensitivity@SALOONに行きたいと思っている。原稿も上げたしね。
posted by 原 雅明 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

Jazz Not Jazz

JNJ label 2.jpg

 Jazz Not Jazzは、初期DJスマッシュの変名としてEightballからリリースされた「Revelations」や「Flip And Trip」の12”で初めて登場した名義だが(これらの音源も『Jazzy Grooves Collection』に収録)、これほどまでにスマッシュの音楽性を言い表した名義はないだろう。Jazz Not JazzのJazzとは、もちろんこれまでのジャズとは違うジャズを表明していたし、あと、UKソウルから流れてきたジャズ・グルーヴがアシッド・ジャズとして開花し、一世を風靡した流れとも違うジャズを表明していた。
 ちょうどいま出ているIntoxicateのジャズ特集に80年代後半以降のDJとジャズの関係についての一文を書いたのだが、そこでも僕の頭の中で出発点としてあったのはスマッシュの存在だった(残念ながら、あまりに文字数が足りず、スマッシュには触れることもできなかったが)。ターンテーブルに乗ったジャズ・グルーヴという意味では綿々とした流れが存在しているわけだが、スマッシュとFat Jazzy Groovesが大きな分岐点となってシンプルなダンス・ミュージックとしてジャズは復興したと言っていい。ワンループから作られたジャズの価値とは、演奏家の捉えるジャズの価値とは似て非なるものだ。
 Jazz Not Jazzはそのことを予め宣言したもので、宣言したといってもジャズ的な戦闘的なニュアンスではなくて、DJ的な洒脱な感覚で表明してみせた。その後、それは当たり前の感覚として捉えられていって、作り手の作法として浸透し、人々の耳を変えていったとも思うのだが、それがいつ頃からだろうか、気がつけばシンプルだったジャズ・グルーヴのマナーは、ある種の大仰さに取って変わられることになった。ちょうど、60年代のモーダルなジャズの演奏が次第に厚ぼったくなっていき、70年代にフリーとフュージョンとに分岐して失われていった過程を彷彿とさせもする。そういった意味でも、スマッシュとFat Jazzy Groovesの音源はいろいろなことを考え直す契機にもなるはず。

 『Jazzy Grooves Collection』のCDジャケットの刷り見本が上がってきた。↓に貼り付けてあるジャケ写の色味とは実はかなり違っていて、ベージュっぽい地の部分は金で特色印刷してある。その金の出が気になっていたのだけど、ほぼ満足できる仕上がりになったと思う。内側のデザインもいい感じだ。LOW END THEORY JAPANのフライヤーに続いてCONFLICTの史郎くんの仕事ぶりが光っている。その史郎くんは本日、結婚式! ほんとうにおめでとう!
posted by 原 雅明 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

RIOW ARAI Live@heavy sick ZERO

riowarai_tweak02.jpg

CONFLICTに続いて配信中!
posted by 原 雅明 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

New Breed!!!!!!!!!!!!!!!!

NewBreed.jpg

「New Breedは、ジャズに影響されたグルーヴをUSのマーケットに持ち込んだ最初のレーベルとして成功させたいと思っていた。最初の3タイトルのリリースは、私自身がベッドルーム・ボーイズやジャズ・ノット・ジャズといった変名も使ってプロデュースをした。それらは商売としては失敗したのだが、エクスペリメンタルなクラブ・レーベルとして確立させることには成功した」(『Jazzy Grooves Collection』掲載のDJスマッシュのライナーノーツより)

 新しい種(族)と命名されたDJスマッシュ主宰のレーベルは、Fat Jazzy Groovesシリーズを軸に素敵な音源をたくさん残しているのだけど、その内のスマッシュ自身のプロダクション音源を今回は収録している。ジャズ・グルーヴというのが、ヒップホップとハウスの両サイドから注目を集め始めた時期、いわゆるアシッド・ジャズの弾きすぎた野暮ったい演奏に抵抗するように、シンプルなワン・ループでクールにジャズの空気を作り上げた。ヒップホップにもハウスにもファンクにもレア・グルーヴにも接続可能なDJツールとして優れ、しかも単なるツールを超えたリスニングとしての魅力も持っていた。
 いま聴けば、極めてシンプルかつオーソドックスなビートに響くが、この過剰にならないセンス、凛とした空気は、そんな簡単には出来上がらない。甘ったるい感傷塗れのしつこいメロディを伴ったビートがジャジーだと称されたりする現状に、スマッシュのビートは本物の価値を教えてくれるはずだ。
 のちにアブストラクトと言われるようなビートの萌芽を感じされつつも、アブストラクトが失わせてしまった軽さやお洒落さがスマッシュのビートにはある。それはある種の品格と言ってもいい。
 トミー・ゲレロ(ビーツ・オブ・サンフランシスコ名義)やピーナッツ・バター・ウルフ、ヴァディムが後にリリースするデンマークのプルーンズ、森俊彦のいたジャズデリックなど才能ある連中をいち早くフックアップしたのもFat Jazzy Groovesだった。レーベルとして存続したのは4,5年にすぎないが、残したものの価値は大きい。
posted by 原 雅明 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

DJ SMASHのまずはプロフィールから

DJSmash_colorSS.jpg

DJ Smash a.k.a. Smash Hunter

DJスマッシュことウェイン・ハンターは、1961年マンハッタンに生まれる。80年代初頭より、ブルックリンでブロック・パーティのDJをつとめ、やがてファッション・ショーなどにも活動の場を広げていく。87年にマンハッタンに戻ってから、本格的にクラブDJとしてキャリアをスタートする。タイムズ・スクエアのストリップ・クラブのDJからスタートし、瞬く間に、Save The Robots、Danceteria、Palladium、MK、Nell's、Traxなどの有名クラブや多くのバーやラウンジで回すようになった。89年にNYハウスの伝説的レーベルNu Grooveからデビューを飾り、90年にはEightball Recordsの設立に参加し、“Jazzy Grooves” やジャズ・ノット・ジャズ名義の4枚のシングルをリリースし、のちのスマッシュのサウンドの代名詞となるジャジーなハウス&ブレイクスの基礎を作り上げた。また、この年、Giant Stepから声がかかり、スマッシュは生のミュージシャンとDJのジャムという試みを始めることになる。以後、Giant StepのレジデントDJをつとめた4年間の間に、スマッシュはグールー、コールド・クラッシュ・ブラザーズ、ジャマルスキー、グレッグ・オズビー、キャロン・ウィーラーらを招き、素晴らしい一夜をクラウドに提供してみせた。92年には、自身のレーベルNew Breedを設立し、有名なFat Jazzy Groovesシリーズを手がける。このシリーズでは自身の音源だけではなく、彼の作り出すジャジーなグルーヴに魅せられた若い新人アーティストたちを積極的にフックアップしていった。その中にはまだ無名に等しかったピーナッツ・バター・ウルフやトミー・ゲレロやジンジ・ブラウンなども含まれた。またスマッシュは、日本のジャズデリックやデンマークのザ・プルーンズなどアメリカ以外から送られてくるデモ・テープにも熱心に耳を傾け、リリースの場を提供した。こうして、New Breedは約4年あまりの期間の内に、12の異なったプロダクション・チームを有し、60以上のリリース、200以上のトラックを作り上げた。それ以後は、プロダクション仕事に集中し、特にBlue Note, Verve, GRP, Atlantic, Warner Brosといったジャズ・レーベルからのリミックスの依頼を数多く受けた。実際にスマッシュが手がけたリミックスは、ジャズの範疇に留まらず、スティーヴィー・ワンダーからメデスキー・マーチン&ウッド、ジャズマタズなど多岐に渡る。そして、彼の作り出したビートは、ジャイルズ・ピーターソン、ノーマン・ジェイ、ロジャー・S、ルイ・ヴェガ、トニー・ハンフリーズ、DJプレミア、マーリー・マール等、多くの有名DJたちに愛され続けた。ハービー・ハンコックをはじめとするジャズ・ミュージシャンとのセッションにも積極的に参加し、今なお現役で活動を続けるDJスマッシュは、間違いなく本物のDJ/プロデューサーであり、そのパイオニアである。
posted by 原 雅明 at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

MySpaceに

 11/8リリースのDJ Smash『"Jazzy" Grooves Collection』から1曲と、i11EVENの某リミックス音源をアップしました。DJ Smashについては改めて熱く語ります。

smashJKT.jpg

 あと、先日のTWEAKでのCONFLICTのライヴ音源をcordeのサイトで配信中です。こちらもぜひ!

01.jpg


posted by 原 雅明 at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

SAMIYAM 緊急出演!

heavy sick ZEROのナイスなパフォーマンスを見逃した方は、↓こちらでぜひ! 500円ポッキリ!

200810.jpg

10:00〜12:30 Masayuki Shonai & Masaaki Hara
12:30〜01:30 K-OGEE
01:30〜02:30 SAMIYAM
02:30〜03:30 i11EVEN
03:30〜04:30 Ken Koiso
posted by 原 雅明 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

明日は、LOW END THEORY JAPANのアフターパーティでもあります!

 明日のarmonia@中目黒ovoは、SAMIYAMを迎えて、彼が出演したTWEAK@heavy sick ZEROと、あとLOW END THEORY JAPANのアフターパーティを兼ねた一夜になる予定です。ぜひお気軽に遊びにいらしてください。SAMはovoのために滞在を延長してくれました。



 で、先週土曜日のTWEAK@heavy sick ZERO。満員御礼の非常に濃い中身でやってる僕らもとても面白かった。各出演者には改めてお礼を。リハ前に中原くんから泣き言のような電話が掛かってきたときはどうしようかと思ったが、すべては上手くいったと思う。LOW END THEORYの核と雑食性を日本に持ってきたときに変に拡散したり、水増ししたりすることなく展開できたらいいと思っていたが、そういうのの第一歩としても面白いパーティだったと思う。来月はedITがLAからやってくるのだが、残念ながら東京のショウは僕らがコーディネイトできなくなってしまった(福岡では、CONFLICTとedITのLOW END THEORY的なショウが見られる予定)。TWEAKの第2弾は、また改めて必ずやります!
 金曜日はFLYING LOTUSのライヴ@O-Eastを見た。正直、UNITの方が音が遙かに良くて、ケヴが神経を使ったあのLOW ENDな重低音(それはLOTUSの出音にも深い影響を与えてきた)は体験できなかったが、LOTUSのライヴ自体は、去年LAで見たときよりずっとヴァージョンアップされていて、マージナルな領域へとどんどん入り込んでいく姿が興味深かった。LOTUSにもLOW END THEORY JAPAN2をやってくれよ、と言われたのだから、やらなきゃいけないね。
posted by 原 雅明 at 19:06| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

SAMIYAM緊急来日決定!

TWEAK02.jpg

corde×heavy sick ZERO present
"TWEAK"

10/4(土)
heavy sick ZERO(03-5380-1413)
23:00 open/start
charge : 2,500yen(with 1drink)

Special Guest:
SAMIYAM(from L.A.)

Live&DJ:
KILLER BONG & HAIR STYLISTICS(中原昌也)
RIOW ARAI
環ROY
CONFLICT
i11EVEN(CAPPABLACK)
DJ KEN-ONE
DJ MIYA
DJ TA2RO

Lounge DJ:
SHIBAKI (buki)
FILLM (TRY-INSIDE)
PUNPEE(PSG)
惹蝶タシカナ∞ジユウ
MIZBATA (じゃぴゅた) 

sam2.jpg
SAMIYAM (BRAINFEEDER, HYPERDUB)

「大勢いるプロデューサーの中で、本当にユニークなサウンドを持ってるヤツ」 (フライング・ロータス)

ミシガン州アンアーバー出身のサムアイアムは、ロサンジェルスに拠点を移し、LAで湧き起こる新しいビート・シーンの代表となっている。ヨレたビートと哀愁感溢れるメロディ、そして重低音のベースラインを融合させ、さらにSP-303やモノ・シンセ、それにゲーム機からのサンプリングも駆使した彼のローファイなサウンドは、ジェイ・ディラの美学を継承し進化させたと言えるだろう。親友でもあるWarp所属のフライング・ロータスのネット・レーベル Brainfeederから、ぶっ飛んだビート集『RAP BEATS VOL.1』のリリースで話題を呼び、イギリスのHyperdubレーベルからも12インチを出してダブステップ・シーンからも熱い注目を受けている。今後は、LA のPoo Bahレコーズからも作品を出す予定。フライング・ロータスとはフライアムサム(FLYamSAM)というユニットを組み、GhostlyのAdult Swimコンピにも参加している。LAの最先端パーティーLow End Theoryの常連でもあるサムアイアムのスモーキーなビーツが東京を直撃する。
http://www.myspace.com/samiyambeats



11:00 OPEN/START
11:00〜11:45 DJ MIYA
11:45〜12:30 DJ TA2RO
12:30〜01:10 CONFLICT
01:10〜01:50 RIOW ARAI
01:50〜02:20 環ROY
02:20〜03:20 SAMIYAM
03:20〜03:50 KILLER BONG & HAIR STYLISTICS(中原昌也)
03:50〜04:20 DJ KEN-ONE
04:20〜05:00 i11even
posted by 原 雅明 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。