2009年01月31日

Dublab Live

 現在、LAのラジオ局でDublabの生放送中! J・ロック、ガスランプ・キラー、フライング・ロータスが出演。今週日曜にMulatuのライヴがLAであるそうで(!)、そのプロモーションも兼ねてるらしい。ほんとうにこの瞬間なので、聴けた人はラッキー。

>>KPFK
posted by 原 雅明 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mary-Anne Hobbs

Mary-Anne1 .jpgMary-Anne.jpg

 マリー・アン・ホッブスが今週のLOW END THEORYに“自腹切って”ロンドンからやってきてDJをした、という話をハシムから訊いた。詳しいことはそのうちハシムがレポートしてくれると思う。
 マリー・アン・ホッブスは現在BBC Radio 1のDJを務めているが、ロックからクラブ系まで多くの人々からリスペクトを受けた故ジョン・ピール以来、久々に登場した影響力と現場からの信頼を得ている女性ラジオDJだ。UKで初めてダブステップを広く紹介した存在としても知られている。彼女が2006年にコンパイルしたアルバム『Mary Anne Hobbs Warrior Dubz』はダブステップの勢いを伝えるもので、去年リリースされた『Evangeline』はフライング・ロータスからサージョンまでを繋げる斬新さを見せた。
 彼女は自分の番組にこれまでロータスやガスランプ・キラーを出演させてきたが、彼女の存在によって、UKのダブステップ・シーンやグラスゴーのハドソン・モホーク周辺とLOW END THEORY周辺との繋がりが開けたと言ってもいい。それだけにLAでも彼女の存在は有名らしく、この日のLOW END THEORYには、彼女のDJとあとエディット率いるグリッチ・モブのライヴを目当てに今まで以上に多くの人が集まったらしい。
 この日の様子は録音されて、マリー・アン・ホッブスの番組でその内放送されるそうだ。「世界で今一番おもしろいのがこのシーン」とも彼女は言っていた。にしてもだ、ロータスやガスランプからLOW END THEORYの素晴らしさを伝え聞いて、“自腹切って”やってきたというところに頭が下がる。こういうことをやるから、多くの人々からリスペクトを集めるのである。LAどころか、UNITにすら足を運びもしなかったのに、ロータスだけを持ち上げて他はもう終わったみたいな勝手な総括を平気で宣う日本のメディアの人間との差には、もはや溜息しか出ない。だからまた書くのが嫌にもなるのだが、だが今年はそういうこともちゃんと本には書く。

 来週土曜日(7日)はいよいよ↓この人が来て、moxaとも合体。

 SALOONでもヴラディスラヴ・ディレイ名義でライヴをやる(UNITではルオモ名義でライヴ)。そして日本勢では、現在鋭意アルバム制作中のHaruki Matsuoが久々に岡山から出てきてオランダ仕込みのDJを披露。それにTen、Inner ScienceとUNITに負けないメンツを揃えたつもり。いつものmoxaと違って踊らせるモード100%なので、ぜひ踊りに来てください!
posted by 原 雅明 at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

armonia2009!

200901s.jpg
posted by 原 雅明 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iTunes Store

 ようやくiTunes Storeで、disques corde/soup-disk音源のワールドワイド配信がスタート。去年からその手続きを進めていて、北米とオーストラリア、ニュージーランドの配信がまず実現し、今週ヨーロッパ各国での配信が確認できるようになった。契約上はこれでワールドワイドとなるのだが、アジアや南米などにはまだ配信できない仕組みになっている。アジアは需要があるだろうから流せるようになるといいのに。
 iPhoneユーザーにはお馴染みのApp Storeのお陰で、個人(乃至は小さな会社)でアプリを開発し、それを売っていくことが、iTunesでウチのような小さなレーベルが音源を売っていくことと等価なことになり始めているようだ。実際、アメリカでの配信に必要な税制上の手続き(控除申請)などはまったく同じだし、iPhoneのアプリ制作者たちの間での情報交換は盛んなので役に立ったことも多々ある。ソフトウェア(アプリ)の販売が音楽の販売とシステム上同じものとなっているiTunes Storeは、かつて夢見られてきたインディペンデントな販売経路をまたしてもあっさりと実現してしまったようだ。もちろん、現状では対費用効果を考えるとそれだけでは食えないのはアプリも音楽も同じだが、可能性の芽はある。

 さて、今夜はArmonia@ovo。↓な感じです。
10:00~ ゆるく
11:00~ Azzurro (ILL SUONO)
12:00~ i11even (CAPPABLACK)
01:00~ Ken Koiso (Rhythm Of Life)
02:00~ DJ K-OGEE (hotcake records)
03:00~ Masayuki Shonai (Onsa)
04:00~ Masaaki Hara (disques corde)
posted by 原 雅明 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

昨日は、

IMG_01871.jpgIMG_01881.jpg

 日本科学未来館ってところに行ってきた。りんかい線に乗って、東京テレポート駅というところに初めて降りたのだけど、日が暮れて寒風吹きすさみ雨はいよいよ本降りになってくる中で、フジテレビの無意味な建物を背に閑散とした駅前でなぜか富士宮焼きそばを売っていたり、その向こうでは電飾の観覧車がただポツンと屹立していて、なかなか荒んだ気分を盛り上げてくれる。さらにダンプばかりが爆走している道なりに歩くと、道路より歩道の方が広いんじゃないかと錯覚するくらいのパースペクティヴにくらくらし、とにかくひたすら歩くと、サイバーな風景の中に目的の建物が唐突にあった。 
 で、何しに行ったのかというと、INNER SCIENCEが音楽制作をしたこれの試写にCHUくん本人共々行ったのだった。何でも、以前ハラカミさんが音楽を担当したデジタルプラネタリウムがさらにヴァージョンアップして(説明受けたけど失念)、その第一弾となる作品が今回のものらしい。今回の制作の話は前から訊いていたのだけど、実際に見る(聴く)のはこの日が初めて。作品は20分ちょっとの短いものなのだが、立体CG映像とINNER SCIENCEの音楽との絡み具合が予想していた以上に良くて、素直に感心した。僕はハラカミさんがやった方は見ていないのだけど、プラネタリウムの面白さっていうのは確かにある。これで、もっと長い時間、音とCGのみで楽しめたら尚良し、というところだけど、まあ、それは今後の可能性ということで。
 この上映は、今日から一般公開が始まって、4月6日までやっている。もっと近いゆりかもめの駅の方から行けば、シュールな光景に出会わずすんなりと辿り着けると思うので、お暇な方は一度ぜひ足を運んでみてはどうでしょう。
posted by 原 雅明 at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

ARMONIA 2008 - personal best 10

Onsaでarmonia crewの2008年パーソナルベスト10を掲載中!

armonia2008best_2.jpg

ここには漏れてしまったけど、おまけで、Gunkhole / Live In Bologna(DVD)も。

そして、今年一発目のarmoniaは来週木曜日!

posted by 原 雅明 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

始動

tour1.jpg
 なんか地味で落ち着いた、それはそれで良い年末年始だった。というのも、年末から久々に重い風邪をひいて寝込んでいたりして、それでも静岡まで天皇杯見に行ってさらにこじらせ……、掃除すら満足にできず、やろうと思っていたこともままならず、えーい、もういいや、とゆっくり身体を休めるモードにしたからで、といってやらないといけないことはあるわけで、それはこれからやるので、連絡が滞っている各方面の方々ごめんなさい。今日からぼちぼち頑張ってみます。とりあえず、今年もよろしくお願いいたします。
 で、今年もいろいろやるべきこと、やりたいことがあって、リリースも控えているし、パーティもやる。あとは折角話をいただいたのでちゃんと本を書く。まだ漠然としたものしかイメージ出来ていないが、久々に書くことにも集中してみたいと思っている。まあ、そんな感じで。
posted by 原 雅明 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。