2005年12月14日

寒いですね、でも走る

SN320070.jpg

 ちょうど先週の水曜日、実は剛脚のクライマーで某クラブ員というのにビックリさせられたMary Joyの肥後さんから午前中の走りに誘われていたのですが、早朝までの原稿書きであえなく頓挫。行きたかったなあ…という思いを引きずりながら、時間ができた日曜の早朝、それなりにモチベーションを上げて一人で出かけてみました。

 さすがに寒いです。ウィンドストッパーの付いたグローブでも思いっきり冷たさを指先に実感します。ネックウォーマーもシューズカバーもないとまったくもって辛いです。adidasの前面がウィンドブレークで裏面が通気性良好というアウター(climaなんたらとかよく分かりませんが、明らかにadidasはサッカーより自転車の方がデザイン+機能性が良いです!)は良質だと思うのですが、それを着ていても寒さは免れようがありません。

 で、目黒通り→駒沢通り→二子玉といういつものコースを通って多摩サイ(多摩川サイクリングロード)に乗ります。この時期はペダリングの修正が課題なので、105rpmくらいのケイデンス(心拍数は160bpm前後のペースを維持して)をベースに、クルクル廻すペダリングを心がけながら進みます。多摩サイは向かい風と追い風では天国と地獄の差です。大体、往路は向かい風なんですが、この日はそう辛くありません。つい調子に乗って踏み込んでしまったために、腰の筋肉に痛みが来ました。これはいわゆる腰痛というのと違うんです。サッカーで腰回りの筋肉を鍛えずに無謀に曲げるキック(例えばコーナーキックですね)をするとたちどころに腰に負担がかかるのですが(中村俊輔の腰痛も有名ですね)、それと同じで、大腿筋と腸腰筋を鍛えれば防ぐことができるらしいのです。しかしながら、大腿筋と腸腰筋に負荷をかけることをペダリングで意識しながらやってみたところ……、確かに筋肉のハリは意識できたのですが、それが前向きに解消できるものなのかどうかは“?”です。

 何処に向かうのか決めないままにスタートしたので、馴れで何となく睦橋から五日市街道を登って、さらに何となく檜原街道へ入って、都民の森にでも行こうかと登りに入ったのですが……、ダメです。上りで徐々にペースを上げていくはずが、脚が廻らないのです。結局、都民の森の手前の上川乗の交差点でUターンです。今日のトータル距離は150km弱という次第ですが、多少なりとも身体を追い込むはずが、追い込めていません。身体的な不満が溜まります。

 ところで、1/28に代官山UNITにて、Pole & Jan Jelinekの来日ライヴがあるのですが、その際に、UNIT地下のSALOONにて、ONSAやSOUP-DISKが絡んだ関連パーティを行います。2006年SOUP-DISKからデビュー・アルバムをリリースする注目のCONFLICTのライヴなども予定しています。決まり次第、ここで告知します! あと、先日、店主が憤慨していた(!)CAPPABLACKも注目のライヴをマジで行います!


posted by 原 雅明 at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
scapeのHPでみたら京都は06-01-26ですね。
楽しみです。
CAPPABLACK京都もあるのしょうか?
きてくれー
Posted by at 2005年12月15日 22:25
京都はメトロですね。今回は、PoleもJanもギターとドラムを加えたバンド編成なんで、楽しみです。京都にCAPPABLACKが同行するかどうかはまだ未定のようなんですが、ぜひとも行くように!と言っておきます。
Posted by hara at 2005年12月16日 13:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。