2009年03月28日

3.11 LOW END THEORY

 LOW END THEORYにまた一人赴いた行動力がある男が登場。昨年のUNITでVJをやってくれたDBKNのケンタくんが、LAに乗り込み、しっかりLOW ENDでVJもやってきてしまった(LOW ENDに初めて登場した日本人じゃないのか?)。それは3月11日で、ノーバディのバースディを記念した回。本人が必死にVJをやっていたので、まったくその映像がないらしいのだが、それでもなんとか合間に撮った(=ステージ横のでかい壁に映像を打ったので、中央は真っ暗な)映像、というか録音のダイジェストを紹介。が、音だけでも充分伝わるものがあるよ。ノーキャンドゥーが跳ばしている。



 そのノーキャンからシャウトも録ってきた。こっちも真っ黒だが、9月に日本に来るぜ、と言ってる。そう、9月にLOW ENDやるんだ!



 ケンタくんが現場で経験したことはとても貴重に思う(日本のオーディエンスとの違い、状況の決定的な違い等々)。それをここでは語りきれない。あとはジワジワとこっちで浸食させるのみ。

thanks to kenta!!


posted by 原 雅明 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。