2009年04月06日

DJ Smash

IMG_0231.jpgIMG_0236.jpgIMG_0246.jpgIMG_0250.jpg
 先週末からウェインとずっと時間を過ごしてきた。彼のとても良い人柄が滲みでるようなDJプレイは、DJというものの懐深さというか、選曲とかスキルだけじゃない良さというのを改めて知ることにもなった。ここでは告知をしなかったけど、4日はSpringrooveのサブステージでDJをやった。幕張メッセの巨大体育館みたいな場所に僕も初めて行ったのだけど、その場に来ていたAKONやTLCやらが目当てのギャルをそれでも多少は踊らせることに専念し、Nutsでの自分のトラック&リミックスばかりのプレイとは全然違う選曲で、マイクも使いつつ(ほんとうはNutsでもマイクを使いたかったのだけど……)、パーティノリの、でもガンガンにロックさせるんじゃない、あの良い意味での緩いプレイをフツーに披露してる姿に、何だか僕はやたらと感動してしまった。
 プレイの途中にスケーターが登場する演出になっていて、そういうのを嫌がるかとも思ったら、逆に面白がって、自分もかつてスケートとバスケばかりやっていた、というニューヨーク時代の話を少ししてくれた。そのせいで、彼は右足の膝を壊してしまったんだけど。ニューヨークからサンフランシスコに移って4年。西海岸の気候と食べ物がいいんだという。ニューヨークはクレイジー、人も忙しない、って。僕も歩くのが速い、って言われた。時々、思い出したように、あれを聴いたことあるか、と音楽の話をし出す。DJ Takemuraのファーストはいまも素晴らしいとか、Camp Loの復活作は最高だ、とか。Nutsでケンセイさんが最後にスマッシュがリミックスをしたStevie Wonderの“Signed, Sealed, Delivered I'm Yours”をかけたとき、ほんとうに嬉しいそうにしていた。すごく良い鳴りだったし。にしても、ケンセイさんのプレイはすさまじかった。
 ケンセイさんと、呼べたらいいね、と話してから紆余曲折を経て、実現できた来日。今夜、最後の小さなパーティがある。ぜひ遊びに来てください! 12時くらいまでやっています。


posted by 原 雅明 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。