2006年02月17日

3月11日はmoxaでLusineです

311.jpg

 明後日はいよいよDavid Lastを迎えてのmoxaですが、急遽3月のmoxaも決定です! シアトルからLusineが登場します! ピュアで暖かなサウンド・デザインと緻密で美しい上にグルーヴィーでもあるビート・プログラミングでリスナーを虜にしてきたLusine、個人的にもとても楽しみです。3月11日、今度は土曜日の宵の間(午後5時〜9時くらいまでです)、同じくSaloonにて開催いたします!

Soup-Disk & Onsa present
moxa

3.11(Sat)
SALOON (UNIT B3F)
Open/Start 17:00
Charge 2000yen

LIVE
Lusine (Ghostly International)
Inner Science (Soup-Disk)

DJ
Katsunori Tatenuma (Opuesto)


Information
Onsa 03-3462-7179 info@onsarecords.com
Unit 03-5459-8630

Lusine
時にL'usineやLusine Iclとも名乗って活動を続けているLusineは、テキサス出身のJeff McIlwainによるソロ・プロジェクト。デトロイト・テクノとUKの初期インテリジェント・テクノの影響を受けて制作を始めたプロダクションは、しかしながらメランコリックでメロディックなダウンビート・テクノ、とでも呼ぶべき独自のサウンドを生みだした。1999年、L'usine名義でファースト・アルバム『L'usine』をIsophluxよりリリース。無名の新人アーティストの作品としては異例なほど高い支持を受け、日本でも耳の早いリスナーの間で話題を呼んだ。その後も、『A Pseudo Steady State』『Coalition 2000』(U-Cover)、『Condensed』(Hymen)、『Serial Hodgepodge』(Ghostly International)などのアルバム、数々の12"をリリース。2002年には、URB誌恒例のNext 100にも選出され、アメリカのエレクトロニック・ミュージックの今後を担う重要アーティストと位置づけられた。また、Funckarma、Marumari、Lawrenceなどのリミックス、!K7のコンピ『MAS Confusion』への参加など、多彩な活動を繰り広げている。


posted by 原 雅明 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。