2006年03月19日

日帰りスキー

ski_4.jpg

『スキー好きですね」って言われて、スキーに対して好きとか嫌いっていう
感覚がないことに今更ながら気づきました。
雪国出身の方々ならばきっと同じだとは思いますが、冬は当然するものって
いう感じで、趣味とかという感覚じゃないんですよね・・・ski_1.jpg
*朝は圧雪車の跡がきれいに残ってます。

先週水曜日(3/15)に今年初滑りとなる日帰りスキーを敢行してきました。
さすがに平日水曜日、しかも一週間前告知で、更に滑りにも付いて来てくれる
輩は皆無だったためスキーを担いで一人旅です。
手軽に行ける範囲ということで上越方面、しかも行ったことないスキー場が
いいと、結局目指すは上越国際スキー場に決定。
前の晩から小学生の遠足状態になりつつ、当日午前4時過ぎ起床(早っ)。
朝6時の新幹線に飛び乗り一路、新潟上越方面へ。
東京駅から越後湯沢までは約1時間半で、何度かスキー、スノボーで新幹線使ってますが
やっぱり早い!
越後湯沢で20分程待ってからローカル線に乗り換え。
登校時間と重なってか、女子高生だらけの3両編成の電車へ。
慣れない土地で、慣れない女子高生に囲まれるとさすがに嬉しさより
居心地の悪さを感じます。
10分程度で上越国際スキー場に到着、時刻は朝の8時半(まだ早っ)。
そこから着替えて、すぐさまゲレンデへ。

ski_3.jpg


これまで新潟方面はあまり天気が良かったためしがなかったのですが、
とにかくこの日は雲一つない、リフトに乗ってるのさえ心地のよい、壮快な天気。
早起きして来てよかったーという至福な気分。
そこからはひたすら滑りまくっていたのですが、
スキー場のコース的には、かなり物足りなかった(急斜面2コースはともに滑走禁止)。
最近は特にボード客が多いせいか、コブ斜面も少ないような気もしますが
実際どうなんでしょう?
(などと不満を言いつつも実はここ7、8年はボードにうつつをぬかしてました)
今年は初体験となるカーヴィングスキーを購入(下写真、Fischer s-move 9.9)。
すっかりボードばかりしていたため、スキーは8年ぶりくらいなのですが
以前は、学生時代にスキー屋でバイトした金をそのままつぎこんだ
ツルブリッケンと同じKastleの競技用SLモデル(黄色)に乗っていたため、
それと比較するとこのカーヴィング・スキーは確かに操作性は異常なくらい簡単で、
膝をチョイと入れてやるだけで曲がって行きますし、
今回急斜面がなかったのですが、これなら多少後傾になっても
リカバーもしやすそうで、噂どおり取り回しは非常に楽でした。
が、ただ、途中、ジュニアのGSの大会か何かがあるらしく、
コースの横を選手が慣らし練習してる後ろについて滑っていたんですが、
さすがに高速でのターンや直進はかなり不安定で、その点は不満ありです。
(そういう板じゃないからしょうがないんですけど)
でも体力が年々なくなっていくことを考えると悪くはないかと
(買っちまったからそういうことにしておきます)。
まーただコブ急斜面では威力発揮するタイプなので、
次回はしっかりスキー場選んで、威力を発揮させたいなと。

さすがにスキー場自体は平日ということもあり、リフトは空き空き状態。
昔からスキーに行くとハツカネズミ状態で滑ってはすぐに登り、
登ってはすぐに滑りというノリなんですが(札幌の少年はみんなそうです)
今回は空いている上に単独で行ったためペースが早い早い。
昼飯40分休憩以外、朝9時前から夕方4時まで間髪入れず、
ブレーキの壊れた暴走機関車のごとく、滑りっぱなし。
さすがにスキーを脱いだ時にはヒザがワラってました。
そこからすぐさま着替えて4時半の電車に乗って帰路へ。
東京駅到着は夕方6時40分。往復新幹線+リフト1日券で締めて9300円也。
色気も食い気もありませんでしたが、
頭を空っぽに解放できた、爽快かつ貴重な1日だったのでした。
おしまい。

ski_2.jpg




posted by 原 雅明 at 21:46| Comment(2) | TrackBack(0) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雪国出身の方はやっぱりみなさんスキーをされてて
しかも上手なんですねー
(私は南国出身なのに泳げない、暑さに弱い、という)
快晴でひとが少ないスキー場って気持ち良さそうですね
いつかスキーに挑戦してみたくなりました
Posted by チカ at 2006年03月25日 23:37
こんにちは。自分の住んでた場所が、スキー場から市営バスで15分程度だったので放課後ナイタースキーっていうのが日常茶飯事だったんです。しかも少年達はけっこうストイックで、急斜面、コブ斜面しか滑らないのですっかり鍛えられた感じですね。雪山ホントに頭空っぽになるので、南国出身者には寒くなく、混んでいない平日春スキーお薦めです。ぜひ!

Posted by shonai at 2006年03月28日 13:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。