2006年05月27日

ラーション、アンリ、フォイクト

SN320095.jpg

 愛国心というお題でSTUDIO VOICEのコラムを依頼されたので、アンリやラーションの話を書きました。正確にはプロ・サッカー選手の帰属意識の話を書いたのですが、そのことを補足するような話を少しばかり。

 今年のチャンピオンズ・リーグの決勝を見ていて、ゲームとしてそれなりに面白くはあったのですが、チームとしての試合運びとか戦術とか、そういう話を打ち消してしまうほどに選手個人の感情なり思いなりが渦巻いているようで、ちょっと特異なゲームに思いました。バルセロナへの移籍が噂されていたアーセナルのアンリ、バルセロナを去ることが既に決まっていたラーション、共に微妙な位置にいる2人が、しかしこのゲームでもっとも優れたパフォーマンスを見せたことは誰の目にも明らかだったでしょう。特にラーションの視野の広さと判断力が驚異的で、彼1人だけあのピッチ上で宇宙人の視野を持っていました。本当に素晴らしい選手です。
 バルセロナにせよ、アーセナルにせよ、主力選手の大半は外国人で占められています。そんなことは、現在のビッグ・クラブでは当たり前のことですが、マーケットの中で自分の価値を高めていくと、あるクラブへの帰属意識はどんどん剥離していきます。どの選手もクラブから離れていく時期を意識してプレーせざるを得ないし、見る方は選手が入れ替わってもクラブへの愛だけは保てるように心得ています。
 ラーションが今シーズンで地元スウェーデンのヘルシンボリに移籍するのは子供の学校の問題とか言われていますが、彼が2年でバルセロナを去ることは既定の事実だったのかもしれません。2年だからこそバルサのサポーターも魅了するに十二分なプレイを見せることができたのでしょう。アンリは結局バルセロナに移籍せず、アーセナルと再契約を結びました。クライフはそのことについて「間違いを犯した」と批判気味にコメントしていましたが、どちらが本当に正しい判断をしたかは、これから分かることでしょう。
 あの決勝で、あらゆる感情を飲み込むように前線のスペースにひたすら飛び込んでいったアンリのプレイ振りは、マーケットの要請に応えて(時には抗って)プレイするプロ選手にあって、何が大切なものなのかをまざまざと見せつけていました。もし、サッカーにほんとうに教育的な価値があるとすれば、それはこういうプレイを見ることでしょう。試合後、アンリが審判への不満を遮って、最大限の敬意の言葉を投げかけた相手はラーションでした。
 いきなり話はジロ・デ・イタリアに飛びます。昨日のゴール前でのフォイクトの振る舞いにはちょっと驚きました。ガラテにゴールを譲ったことについて、たとえ勝ちにいけたとしても今日の自分がそれをすることは正しい行為ではない、とフォイクトは明確に言い切っていました。

 適当な写真がないので、先週見に行ったツアー・オブ・ジャパン東京ステージの写真を貼り付けておきます。熱心な人が沢山集まっていて盛り上がりを感じさせましたが、日本のロードレースはサッカーで言えば、Jリーグ以前のかつての日本リーグの段階にあるんでしょうか。段々と規模が大きくなっていくだろう予感はありますが、強く尊敬を集めるような選手が登場するのはいつになるでしょう。サッカー選手でもそれは同じですが。


posted by 原 雅明 at 15:42| Comment(2) | TrackBack(0) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
また自転車ネタに食いつきにきました。
フォイクトがガラテの肩に手を置いて「先、行けよ」ってしたときは「おおーっ!」と思いました。ロードレースは少々とっつきにくいけれど、こういうシーンを見る度、好きで良かったなあと思います。今回のジロはあまりに圧倒的な勝ち方で、第二のランスが現われたようでした。Wツールなるのでしょうか・・。
Posted by miro at 2006年05月29日 16:30
どうも、ご無沙汰です。あの次の日は、シモーニが勝ちを譲らなかったとバッソに怒ってて、これもロードレースと思いました。CSCの映画を見てからバッソのことも好きになったのですが、あの勝ちっぷりは憎たらしいですね(笑)。それとサボルデッリの下り(美しい!)くらいしか今回のジロは印象に残らなかったです。さてツールはどうでしょうね。
Posted by hara at 2006年05月29日 20:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。