2006年07月05日

おかしな商品

479767108.jpg

 MUSIC MAGAZINEに頼まれて今回のワールドカップを総括するようなコラムを書きました。って、まだワールドカップは終わっていないんですが、個人的にはもうかなり見るモチベーションが低下しています。総括する、ってことでいろいろ考え直してみたんですが、あの日本戦の杜撰な敗北後の暗澹たる思いが再びわき上がって、正直気分が悪いです。でもこのもやもやはやっぱり吐き出さないといけないですね。

 サッカーをスポーツとして見たいというまともな気持ちのある人は、この数年の日本代表チームがおかしな商品と化していると思ったはずです。しかもこの商品は商品としては相当に価値があって、多くの利益を日本サッカー協会と電通とスポンサー各社にもたらしたわけです。クラブチームの自立を謳うJリーグの姿勢は正しいですが、そのクラブチーム経営の健全さと比べると、日本代表はどうしようもなく生臭いです。日本代表が生み出す利益がJリーグとその下に位置するすべてのサッカー活動に還元されていると言えば聞こえはいいですが、そもそもJリーグの理念とやらに照らしてみれば、クラブチームが経営的に健全に自立し、下部組織も充実させ、その延長に代表チームが自ずと形成されていけば良いだけです。
 代表チームとクラブチームの利益は相反するものであるのは当たり前です。クラブチームは1シーズン毎に結果を出し、翌シーズンに備えないといけません。ところが代表は4年に1度のワールドカップが全てです。どう考えたって、現在欧州のトップクラブで活躍する選手がワールドカップを頂点としたヒエラルキーの下に生きているとは思えません。もちろん偉大なお祭りですから、国の威信をかけて闘うでしょうが、お祭りはお祭りです。終わりがあるわけです。今回のワールドカップで敗退した国の選手は既に祭りが終わり、日常に帰ります。日常はクラブチームです。そこで生き残っていかないといけません。
 もちろん、ドログバのいたコートジボワールとか、シェフチェンコのいたウクライナのように、国の威信という部分が強くクローズアップされる分かりやすいメンタリティも存在します。それは世界トップクラスの選手を多くは抱えていないサッカー後進国に共通するメンタリティで、日本もそういう位置に本来あるのです。でも、1年中スポンサーに応援され続けるおかしな商品である日本代表には、いつでも世界と渡り合っているような錯覚が植え付けられていきます。商品販売の戦略としては実に巧妙です。
 かくして、代表応援ジャンキーみたいな人がたくさん産み落とされ、真のサッカー好きはだんだん代表戦に足を運ばなくなっていったように思います。少なくとも僕の周りではJリーグの試合には行っても代表戦はTV観戦のみという人ばかりです。川淵の前任者だった岡野俊一郎は、こういった状況をかなり理解はしているようで、代表中心の日本サッカーを取り巻く現状へ批判的な言葉を述べていて少し感心しましたが、サッカー・ジャーナリストの世界ではジーコへの批判はタブーだった(批判すると試合観戦のパスがもらえない?)という噂などを耳にすると、根の深さを感じずにはいられません。
 オシムは千葉の監督に留まるのが、サッカー的には絶対に正しい選択だったのです(千葉のサポーターが心底憤慨するのも尤もですよ、森本さん!)。それでも代表監督を引き受けたというのは、膿を出す覚悟があるんでしょう。そうとしか思えません。そう思うしか救いはないとすら思います。おかしな商品を作ってチャラい金をふんだくっていく人はいつの時代にもいるものですが、おかしな商品をここまで大々的に売ることができたのは、やっぱり我々がチャラいってことでしょうね。僕も含めて。

 さて、仕事しないと。


posted by 原 雅明 at 19:32| Comment(4) | TrackBack(0) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
♪イ〜ニ〜ミ〜ニ〜 オシム返してくれないんなら、ウチの父ちゃん協会に送り込むぞ!

どもです。

いろいろ思うことはありますが...とりあえずジェフは大丈夫(と思います)。
GMが例の失言親父に対して気骨のある発言をしてくれたんで。
呆れたのはこんなことすら自主規制気味に伝えるメディアの及び腰。
ホントみなさん自分が傷つくことには敏感なのですね。

ところで原さん、石川くん、怪我してからその後どうなんでしょうか?
Posted by 11 at 2006年07月09日 03:32
日本でダバティだけでしょ、吠えてるの(笑)。Kリーグと一緒にしろ、とか滅茶苦茶なこと言ってるけど、トルシエ時代のスポンサーからの圧力話はかなりリアルですね。あのレベルでああなのだから、メディア内部は推して知るべしですね。それにしても、サッカージャーナリストって、音楽ライターよりチキンなんですかね。

石川はもうそろそろ復帰するはずですが、いまのダメな東京では逆に干されるかも。オシム呼ばないですかね。呼びそうに思うんだけど。
Posted by hara at 2006年07月10日 20:41
吠えてますねえ(笑)。
キャラに難ありですが、ひょっとしてトルシエ・ジャポンいちばんの置き土産かも。

石川くん、干すくらいだったらウチに貸してください(笑)!
水野が一人前になるまで!
Posted by 11 at 2006年07月12日 00:45
川崎との練習試合でしっかり使われたみたいだから、貸せませんね。でも、正直、千葉のスピードの中で見てみたいとは思います。こっちは、いま攻撃で変なタメが出来てて、全体のスピードがガッと合った爽快感とかないんですよ。あのブラジル人監督、ジーコだったらどうしよう、という不信感はいまだ拭えずです……。
Posted by hara at 2006年07月13日 05:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。