2006年08月05日

Aqua Teen Hunger Force

Aquateen.jpg デンジャー・ドゥームのアルバム『Mouse and the Mask』が遅ればせながら日本盤でリリースされます。僕はライナーを頼まれていて、いままさに〆切に追われている最中なんですが(……)、レコード会社から送られてきたリリックの対訳を読んで、改めてMF・ドゥームのアニメオタクぶりに呆れ返っています。


 アルバムに“ATHF”なる曲がありますが、これは“Aqua Teen Hunger Force”なるアニメを題材にまるまるパロディ化したものです。ドゥームをして“究極のカルト・アニメ”と言わしめたこのアニメは、Cartoon Networkの成人向けアニメチャンネルであるAdult Swimの人気番組で、フレンチフライとかシェイクとかをキャラクター化しているんですが、この曲ではそれらのキャラクターをドゥームがさらに込み入って解釈し始めるので、アニメを見ていない限り、理解不能です。たいたいこのアルバム全体が、Adult Swimで放送されたアニメからインスパイアされて作られているようで、不思議なキャラクターが次々と登場していきます。しかし、この言葉の操り方は、ドゥーム自身のプロダクションの作法と同じスタンスですね。本来の意味のサンプリング・アートです。
 その愛のある引用が伝わったのか、Adult Swim側では、ドゥームを声優として登場されたり、デンジャー・ドゥームに番組用の曲の制作を依頼しています。その曲を収めた『Occult Hymn EP』は、Adult Swimのサイトでフリーダウンロードできます。Madlibのリミックスなんかもフィーチャーされていますね。Adult Swimは、Chocolate Industriesとも組んだり、面白そうな動きを見せています。ちなみに、デンジャー・ドゥームの次回作もまたアニメがベースになった作品らしいです。そういえば、ドゥームはジャスト・ブレイズともアルバムを作っているみたいですが、こっちもとても楽しみです。

 ところで、『Shift to the other time - KARAFUTO Live mix at UNIT 28.1.2006』ですが、ジャケの印刷でトラブルが発生してしまい(……)、発売日を数日延期せざるを得なくなりました。既に予約されている方もいるかと思いますが、申し訳ありません。変更した発売日は決まり次第、お知らせいたします。

SN320112.jpg
 そして昨日は、ILL SUONOのライヴを見てきました。ライヴを重ねるごとに良くなっていくことを改めて感じました。ハシムがこっちにいなくなると頻繁にはライヴができなくなりますが、ノーバディあたりがロスでライヴを企画してくれないですかね、ハシヤン。




posted by 原 雅明 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。