2006年08月09日

JUNO RECORDS

 UKのJUNO RECORDSと言えば、知る人ぞ知る世界一の規模を誇るダンス・ミュージック専門のオンライン・ショップですが、この度、soup-diskの商品が取り扱われるようになりました。ダンス・ミュージック専門と銘打ってはいますが、ロックやレフトフィールドなものも扱う幅広い品揃えと、通販に特化した使い勝手の良さが魅力のショップです(日本からの利用も意外にあるのでは?)。海外で手に入れたいと思っていた方はぜひご利用ください(と海外の方にはご紹介ください)。おそらく来週くらいから実際の販売はスタートすると思います。

 日本のCDやレコードを海外(特にヨーロッパ)のショップやディストリビューターが扱うことは年々減ってきているように思います。理由はいくつかあると思うのですが、大きな理由は日本のマーケットをよりシビアに、そして自分たちのマーケットと地続きなものとして見るようになったからではないでしょうか。
 かつて、テクノを中心としたダンス・ミュージックが、日本のメジャーなレコード会社から頻繁にリリースされていた時期には、海外のレーベルやディストリビューターにとって、この国は素晴らしい“お客さん”でした。自分たちが良いディールを交わせたから、日本のモノもライセンスしたりディストリビューションしたりしてあげよう、という多少の余裕もあったのだと思います。
 しかしながら、日本のマーケットも冷え込み、おいしいディールなど交わせなくなると、海外が日本を見る目は急にシビアになり、本当に自分たちのシーンで売れると思えるものしかチョイスしなくなってきました。“これはいまのヨーロッパのシーンには合わない音だから”というのが典型的な断りの理由として伝えられるのですが、でも、この理由は半信半疑で訊いておくべきでしょう。
 確かに、シーンに合わない音もあるのですが、シーンに合っていると思われる音でも、日本との物理的な距離ゆえに排除されてしまうことが多々あります。ライヴ(DJ)が簡単に見られないという単純にして大きな要因はいかんともしがたくあります。
 日本はオシムを感銘させるほどのホスピタリティに優れた国ですから、ライセンスにせよ、ディストリビューションにせよ、相手方を思い、最善を尽くそうとしますが、逆の立場になってみると、ここまでいろいろやってくれる国もないでしょう。日本から運良くライセンスをしても、お金を回収できない、なんて話はざらに訊きますし、僕自身も経験しています。日本の音楽を海外に紹介したいから、と志あることを言っておきながら、単なる輸入仲介業者に変節してしまった人も見てきました。そういう出来事がある度に凹むわけですが、あまりに凹むことが多いと、いい加減、タフにもなります(ならざるを得ません)。まだまだやるべきことはたくさんあると思う今日この頃です。
 


posted by 原 雅明 at 16:16| Comment(0) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

UK???junorecords???SOUP篏????????????宴?????紮
Excerpt: It begins to sell the soup-disk work with junorecords. corde blog > JUNO RECORDS...
Weblog: RIOW ARAI
Tracked: 2006-08-25 11:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。