2006年08月10日

2年前のMF Doomへのインタビュー その2

FantasticFour.jpg──言葉や物語という面で、あなたに重要な影響を及ぼした人物や作品を教えてください。
「チャールズ・ブコウスキーはフィクション作家だけど好きだね。言葉の面では、作家に影響されることが多いんだ。突拍子もないことを書く上では、ブコウスキーは優れてるよ。アイデアに詰まったときは、彼の本を読んでる。シドニー・シェルダンも尊敬してる。一つのトピックに集中して、ディテールを細かく作り込むところが凄いね。そういう人の本を読むことが勉強になるよ。スリック・リックも、一つのトピックに専念して、ストーリーを書いていくことが得意だった。彼の曲を聴いてると飽きることはないんだ。素晴らしいストーリーを書くことはそれだけで大変だけど、それをライムさせることは、更にネクスト・レベルの難易度なんだ。クール・キースはウルトラマグネティックMC's時代からイルなMCだったね。彼が最近やってたことも見て、ライムのインスピレーションになったんだ。戻ってきてもやりたいことをやればいいんだって思ったよ。別に歳を食ってるってことなんて心配しないで、やりたいようにやればいいって思ったんだ」



posted by 原 雅明 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。