2006年08月12日

Stezo - Crazy Noise

stezo.jpg 店主のBlogが爽やか&スタイリッシュな感じに進んでいるんで、こっちはちょっとRawに行かせてもらいます。最近、訳あって、80年代後半と90年代後半の二つの時期の音を集中して聴き直していて、いろいろ再発見をさせてもらっているんですが、そんな流れで、まず今日は89年リリースのステゾの『Crazy Noise』の話を少しばかりしたいなあ、と思いました。


 EPMDの『Strictly Business』のツアーでバックダンサーを務めていたステゾのデビューにして唯一のアルバムの肝は、その秀逸なプロダクションに尽きます。スコーンと抜けたドラムの心地よいブレイクが終始持続していくだけ(誉め言葉ですよ)のこのアルバムは、故ポール・CのMix&Engineer仕事としても一部では有名ですね。ESGの“UFO”なんかも使われていますが、何と言ってもスカル・スナップスの“It's A New Day”が印象に残ります。いまでは定番のこのネタですが、見つけてきたのはステゾの従兄弟であるドゥーリー・O(Stones Throwからの再発でも知られていますね)とその友人のクリス・ロウで、近所の叔母さんの地下室から発掘したと言われています。
 ドゥーリー・Oとクリスは、スカル・スナップスのブレイクに狂喜して、そのループを、クイーンズにあったStudio1212のエンジニアだったポール・Cの元に持ち込みました。そして作り上げられたのがこのアルバムです。クリスは、ポール・Cと共に大半のトラックを手掛けたのですが、アルバムのクレジットにはクリスの名前もドゥーリー・Oの名前もありませんでした。まあ、上手いことステゾに持って行かれたというわけです。Stones Throwはそんなドゥーリー・Oたちの恨みを晴らすべく、同じ“It's A New Day”使いのドゥーリー・Oのお蔵入り音源“Piece Of The Pie”をリリースしましたね。
 実際どの程度のバランスだったのかは分かりかねますが、僅か24歳という若さで死去し、それまでの短いキャリアの中で、ウルトラマグネティックMC'sやメイン・ソースやエリック・B&ラキムなどと仕事をし、ラージ・プロフェッサーに伝授するほどに若くしてSP使いの達人だった“白人”ポール・Cと、ドゥーリー・Oたちとのコンビネーションの妙は、残されたビートからだけでも十二分に想像を掻き立てるものがあります。いまでこそ何気ないと思えるビートですが、これにグッと来ることがない人とは、やっぱり僕は音楽についての話をすることができないかもしれません。
 


posted by 原 雅明 at 02:42| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
いい話ですねー、、、
サンプラーに電源いれたくなりました。
名古屋は酷暑です。。。
また9月くらいにでも顔だしますね。
Posted by moody a.k.a mighty masa-chang. at 2006年08月15日 00:33
お、お、お、なんと!
お元気ですか?
こっちも暑いことは暑いんだけど、なんか中途半端な夏という感じですね。
いろいろ面白い話がありますよ。音ももちろん。
ぜひ9月にお会いしませう。
Posted by hara at 2006年08月15日 07:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。