2007年03月13日

Triosk are coming to Tokyo.

 TrioskのドラマーLaurence Pikeから今朝届いたメッセージです。
LAURENZ PIKE - Drums For Fun And Fitness
Triosk are coming to Tokyo.
We are very excited that we'll be performing for the first time in Japan on March 23rd at Super Deluxe.
We'll be playing brand new material and some tracks off our album 'The Headlight Serenade'. In fact, live is the best way to experience Triosk; we tend to write our music during performances and invite the audience to sit in on the process.
Expect energy, intrigue and the unheard. Happy to say we also have some new exclusive t-shirts by designer Clemens Habicht that will be available for the first time at this show, we hope you think they look as great as we do.
Our thanks to Moxa, Disques Corde and Onsa Records for making this show possible.
See you next week, looking forward to it!
Laurence Pike
TRIOSK

 新曲もやるみたいですね。これも非常に楽しみです。ちなみに日本のあとはヨーロッパ・ツアーになって、ドイツではJan Jelinekとの共演も予定されています。

 バルサとレアルのクラシコをまたも録画で見ました。良い試合では決してなかったですが、サッカーの力学っていうのがとってもよく分かる面白い試合でした。懲りずに3−4−3の布陣を敷き、中盤を厚くして、エトーとメッシの両サイドで激しく横の揺さぶりをかけるライカールトの意図と、ボランチ2枚のリスクを犯しながら縦に仕掛けるカペッロの意図が交錯している様は見物でした。尋常じゃないキレ具合のメッシに対してミゲル・トレスが遅延してDFラインのバランスが崩れボランチ共々全体が偏っていく様を目の当たりにするのは面白いものです(バルサのDFの逆の崩れようも然りですが)。わかっちゃいるがそうなってしまう、というのは決して退屈なことじゃないですね。プロセスを楽しまずして何が楽しいんでしょうと言わんばかりの岡ちゃんの解説も良かったです。


posted by 原 雅明 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。