2007年03月19日

もう月曜日ですよ

 週末はまず、i11evenからリミックスができたよ、と音源が送られて来ました。DELICからリリースされる某作品のcappablack remixなんですが、これまた素晴らしく格好良いんですよ。音源はオリジナルとHashimがシンセで作った音らしいんですが、サンプリングに思えない組立に仕上がってます。6月くらいにリリースされるようです。楽しみです。cappablackのプロダクション手腕はこういうリミックスでも十二分に発揮されるものなんだなあ、と改めて感心した次第です。興味がある向きは是非ともお仕事のご依頼を検討下さい。ほんと、イイ仕事しますよ。

 日曜は野暮用がなくなったので多摩川方面に行く予定でしたが、寒さと風の強さに萎えました。去年はこのくらいの寒さでも平気で走っていた自分が信じられないです。確実に増している体脂肪を減らさないとこれからのシーズンやっていけません。にしても、TENちゃん、落車にめげずモチベーションを上げていきましょうね。僕もやられた車止めは鬼門です。気を付けたいです、改めて。ところで、Timeのエキッププロという1インチフォークの傑作があるんですが、こいつをe-bayで安価で落として喜んでいたら、勝手に船便扱いで送られてしまって、1ヶ月半経ったいまも届かず、さらに送り元がカナダで、調べたらカナダの郵便事情というのは先進国とは思えないほどに最悪らしく、もう無我の境地でいつかは届くと思うしかないようです。

 多摩川には行かずに電車で飛田給に行って、今期初のスタジアム観戦をしたわけですが、最悪です。両方グダグダなパフォーマンスでしたが、今回は敢えてピンポイントを突きます。磐田の7とウチの27の質と意識の明らかな違い。試合を見た自分の中ではこれです。

 CD Journalの超即興主義という特集に寄稿させていただきました。僕はJan Jelinekの現在と、あとEkkehard Ehlersなんかのことを書きましたが、とてもとても書き足りません。特にJan Jelinekについては、最近の2枚のアルバムに対する、特に日本での冷遇状態に言いたいことは山ほどあったりします。いまだ楽器演奏には何ら興味を持っていないJanが、レコード・サンプリングを止めて向かっている先は、ソフトウェアにも楽器にも逃げない音楽の今後の在り方について考えさせてくれます。例えば、かつてClusterがこのアルバムで示したことのように。
Cluster / Grosses Wasser

 そんなJan JelinekのGramm名義のアルバム『Personal_Rock』は、いよいよ今週発売です! 既に以下で予約を受け付けています。
amazon.jpg hmv.jpg tower.jpg
Onsaでは少し先行で発売できる予定で、23日のSuper Deluxeでも販売します!

 CD Journalと一緒に、休刊決定のblast誌も送られてきました。まだぜんぜん読んでいませんが、僕はこの雑誌に寄稿したMF Doomなどの評論を忘れることができません。良い場を与えてもらったという思いが強いです。雑誌の限界については改めて思うことはありますが、いまはしばし最後の一号を読んでみようと思います。


posted by 原 雅明 at 16:42| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
原さんこんにちは
仕事場で何気にブログ読んでいました。
チャリは無事なことですし怪我も結局顔のみなので全然走りには行けそうです。
それにしても日曜パーティーに行って、昨日はお彼岸で親戚一同に会いさらに会社でとめちゃめちゃ怪我の説明をしました。
でも懲りずに行きたいです。
Posted by TEN at 2007年03月22日 12:44
どうもどうも。
じゃあ、懲りずに来週か再来週あたり早速行きましょうか(ってほんとに大丈夫です?)
ひとまず、明日、会いましょう!
Posted by hara at 2007年03月22日 18:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。