2005年06月22日

U-20

 駒沢、西が丘、江戸川、と良く見に行ったし、J1昇格を掛けた新潟にも行ったし、最近はあまりに見に行けないけど、それでもSOCIOとして年間のチケットを持っている、まあ、そんなFC東京のサポーターである身からすれば、現U-20日本代表監督にして、元FC東京監督の大熊清(いまだ熊と親しみを込めて呼びたくもなるが)の功績は充分に認めるのである。戦力的に優れた駒を持っていないチーム構成で、全員守備、全員攻撃のカウンター勝負で、タフな試合を乗り切る戦略は、時にジャイアント・キリングも生んだし、展開によってはスリリングでもあった。
 しかし、今回のワールドユース(いや正確にはその前からなのだけど)での、チキンな戦いぶりはさすがにフォローのしようがない。電柱に当てる放り込みサッカーが本当にしたいことだったとは思わないが、結果そうなってしまった平山への固執といい、結果以前にメンタルでもダメダメだった兵藤への固執といい、優れた家長や水野の中途半端で信頼性を感じさせない起用といい、その試合を見た大方の人が疑問を覚えるだろう選択をした。ついでに言えば、増嶋はディフェンダーとしてJ1のレベルにまだない、とFC東京での数試合を見てる身としては素直に認めざるを得ない。
 なぜここまでことごとくダメな方向へ傾いてしまったのか、というのが大きな疑問である。悪い試合は何だって批判に晒されるものだが、これほどまでに誰もが見ても明らかに間違っていると思えるような展開も珍しい。大熊では世界を戦えない、という声も当然上がるだろう。
 試合後の監督コメントというのも、ダメダメである。というより、このコメントにすべては集約されているように思う。浮き足立ち、スキだらけで、認識の甘さが言葉の端々から伝わってきてしまう。もっと的確に言葉を返せる人だったはずなのだが、まったく切れがない。監督の才覚の半分以上は言語表現能力で決まると言ったら大袈裟だろうか。だが、現実を見ていると、そうとしか思えない。ジーコ? 的確な表現は中田がするから問題がないのである。

本日の試聴:MISSY ELLIOTT(完全版)、PECKER、PUB 


posted by 原 雅明 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。