2005年07月21日

津田恒実 +

pro_01.jpg


なぜか7月に入ってからふと思い出し昨日を迎えたんですが、やっぱりちょっと思い出してもらいたいという気持ちはありますね。
昨日の7/20で13回忌を迎えたことになります。
テレビでどっかその話しに触れないかって見ていたら、やっぱり達川が触れてくれました。
奥さんが書いた手記やNHK特集、ドラマ化などで知ってる人もいると思いますが、個人的にはやっぱりピッチャーとしての彼の映像を今まとめて見たい。
バースをストレート3球勝負で三振取ったシーンとか単純にもう一度見たい。
彼がデビューしてから亡くなるまでの間、実際に活躍した期間ってそんなに長くはないんですが、躍動感のあるピッチング、150km台の伸びる球筋は不思議なくらいに鮮明に記憶されてます。そもそも根本的には自分が投げる時のイメージっていまだに津田がいるんです。だから自分も真っ向勝負で、かわすピッチングができないんだと最近改めて気付いたんですけど(笑)

JWP

ジョン・ウェイン・パー負けちゃいました。が、あの判定も微妙で、TBSの思惑じゃねーのかっていう気もしたり。でも圧倒的にブアカーオとの対戦はジョン・ウェインの方がハマるんですよ。よりジョン・ウェインの潜在能力も出るし。まーでもTV的には元王者と現王者の方が視聴率取れやすいっていうはあるのも確かなんでしょうが、もうちょっとJWPを見たかった。
魔裟斗は1Rか2Rに嫌な距離とタイミングでミドルをカットされたので、明らかに傷めたって思ったんですけど(骨折とまでは思いませんでしたが)、試合中そんな素振り一切見せなかったですね。普通だったらあのカットされた時点で動き止まるはずなんですけどね、痛さで。個人的なタイプの選手ではないですが、またしても感心してしまいました。
あと一度サムゴーをK1のリングに上がらせてみたい。サムゴーの左ミドルの破壊力はブアカーオ以上です(しかも連射ですから)。


posted by 原 雅明 at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も津田の事は良く覚えています。
北別府や山根、大野の後に津田が出てくれば安心して観ていられましたよね。
高橋慶彦、山崎、正田、小早川、長嶋、サンスポーのサイドスローの中次ぎの清川、打率最下位のホームラン王のランス、もちろん鉄人や山本功二もそうですが。その頃のCARPは強かった・・・・・それに比べて今は・・・・・

すみません。なんとなく書き込みたくなりました。
Posted by 通りすがりの者 at 2005年08月04日 18:40
リアクションありがとうございます。
広島ファンにとっては大きい存在でしたよね。
そういえば清川は津田が使ってたベルトをお守りにしてました。個人的にチームとしてはライトル、ギャレット、デュプリがいて江夏がいた時が一番好きでした。近鉄相手に連覇した時ですね(完全に昔話)。
今もけっこういい選手いるんですけど、何かうまく回って行きません。来年の新監督によって左右されそうです(まだ山本浩ニは辞めるって言ってませんけど)。
Posted by at 2005年08月04日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。