2007年09月03日

LisM & DJ Funnel release party

10/13(sat) at Liquid Loft

2007.10.13 (sat)
open/start 24:00
at LIQUID LOFT(LIQUIDROOM 2F)
door only \2,000

Live:
LisM
No.9

DJ:
Funnel
Azzurro
Haruki Matsuo

Visual:
Lica Ishii
Ryosuke Kikuchi
DBKN

LisMのデビュー・アルバム『reverso』と、DJ FunnelのミックスCD『Moments Of』。この二つのリリースが結びつけた新しいパーティSPARKLE。音楽の枠や形に捕らわれず、音楽同士が共鳴するようなラインナップでお届けします! その記念すべきスタートは、LisMとDJ Funnelの心地よいビートに引き寄せられるように、生楽器を交えたライヴで野外のパーティでも人気を博しているNo.9、優れたビート職人でありLisMのマスタリングも担当したAzzurro、そしてオランダRush Hourから突如デビューを果たした期待のニューカマーHaruki Matsuoが登場します! そして、LisMとDJ Funnelのアートワークを支えた面々が展開するビジュアルにも注目ください!

LisM (a.k.a. Go Hiyama)
九州男児であるGo Hiyamaは、James Ruskinを始めとするテクノ〜ミニマル・シーンの牽引者達の目に留まり、UKのレーベルCODAを皮切りに12インチのリリースを重ね、海外の大型フェスやレイヴにも幾度も招聘され、ハード・ミニマルのDJ、プロデューサーとして確固たる地位を築きつつある。しかしながら、新たな名義LisMのサウンドは、Go Hiyamaを知る人々こそを驚かせた。心地よくチルアウトした、ダウンテンポの快楽に満ちたブレイクビーツを軸に、彩り豊かで有機的に音が絡み合っていくLisMの世界は、デビュー・アルバム『reverso』(disques corde)に結実した。その普遍的な魅力を讃えたサウンドにはすでに高い評価が寄せられている。
www.corde.co.jp
www.myspace.com/lessism

Funnel
DJ/BEAT MAKER。BREAK BEATS、ELECTRONICAをベースに、生楽器やフィールドレコーディングといった様々な音の要素を取り入れ、既存のクラブミュージックの枠を超える、繊細で暖かく、しかも力強いサウンドスケープを創りだす。ORGAとのLIVEではスクラッチDJとして参加し、ツボを押さえたキレ味鋭い美しいスクラッチを披露する。2006年には、CHA OS(Insector labo)とORGAとのユニットTRI-BLADEを結成し、『ORGA+CHAOS/NEO BLADE TOKYO』に楽曲「FUNNELIZED」を提供。最近では1ST ALBUMに向けての楽曲制作やギタリストBUNPEI、MC Matsukazeを加えたライブ活動を展開中。
www.vibrant-recordings.com
www.myspace.com/djfunnel

No.9
Takayuki Joeによるソロ・プロジェクト。Blues、Rock、Psychedelic、R&B、Funk、Group Sounds、Spy music、Rare Grooveなどに影響を受け、Jazz、現代音楽、環境音楽、音楽哲学などへ傾倒。新しい可能性を追求したBeatles[white album]に感銘し、1997年[no.9]と命名。『calm and ecstatic』『蟲の響』(共にcubic music)、『micro films』(Locust)のアルバム・リリースを経て、2007年、最新アルバム『Good morning』(Liquid note)をリリース。Sound TrackやElectronica、Techno、Popsなど様々な音楽の要素を、自由に、表現したい環境や映像に従事した音楽制作を続けている。今回はギター、バイオリン、ピアノを交えた4人編成のライヴを披露する。
www.nano-graph.com/no9
www.myspace.com/lifeno9

Azzurro
1990年代初めにメロー・イエローのDJとして活動をスタート。プロダクション面での貢献と平行して、数々のリミックスを手掛けて頭角を表す。2枚のソロ・アルバム『Il Mare Azzurro』『10000 Light-Years From Home』、そしてハシム・B(cappablack)とのユニットILL SUONOとしてアルバム『ILL SUONO』『ILL SUONO Remixed』のリリースを実現し、ビート・プロデューサーとして高い評価を受けた。また、ミックス/マスタリング・エンジニアとしても活躍。10月にはフランスのダブ・ユニットVolfoniqによるリミックスを含む限定アナログ『10000 Light-Years From Home EP』とDJドレッズとのコラボ・ミックスCD『Flying Humanoid』をリリース。
www.ilmareazzurro.com
www.myspace.com/ilmareazzurro

Haruki Matsuo
いきなりRush Hourよりワールドワイドにデビューを飾った注目のニューカマー。酒とダンスとロマンチック(S.D.R.)をこよなく愛する、昭和男児。10代後半にテクノミュージックに感銘を受け、DJ活動を開始。以降、東京を中心にDJ活動を行う。テクノ・ハウスを中心に、枠にとらわれないプレイスタイルは各地で好評を得る。また、様々な音楽を吸収し、叙情的且つアグレッシヴなトラックの制作を行い、2007年9月、オランダRush Hourより「Side Step Test / P.O.P.」をリリース。Laurent Garnier、DJ Rolando、Alex From Tokyo、DJ 3000、Nuno dos Santos、Fabrice Ligなどから賞賛され、今後の活躍が期待されている。
www.rushhour.nl
www.discosystem.net


posted by 原 雅明 at 02:17| Comment(0) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 現代音楽現代音楽(げんだいおんがく)とは、西洋クラシック音楽の流れにあり20世紀後半から現在に至る音楽を指す。ただし他の時代の西洋音楽史の区分のように、様式によって区分されたものではない。現代音楽は調..
Weblog: クラッシックの世界
Tracked: 2007-09-29 15:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。