2007年09月07日

“あともう一回だけ”by あがた森魚

Taruphology.jpg

 9月20日に発売になるあがた森魚のニュー・アルバム『Taruphology』に、RATNの“あともう一回だけ”のカヴァーが収録されています。僕はまだアルバム全体は聴いていませんが、アルバムのプロデューサーである久保田麻琴さんから送っていただいたデータで、このカヴァー曲だけ聴きました。アコースティックの演奏によるリアレンジと、あがたさんのミニマルに渋味の効いたヴォーカルによって、新たな魅力が吹き込まれています。アルバムの最後を飾っているようですが、それに相応しい出来かと思います。ぜひ聴いてみてください。そもそもは久保田さんがこの曲を気に入られて始まったことですが、実際に形になって本当に嬉しく思います。RATNのような、と書いて、次に何と形容するべきなのか詰まってしまったんですが、まあとりあえず……エレクトロニカだとか、そういう括りで紹介される音楽に潜んでいる歌がこうやってカヴァーされるのは、意義深く思ったりもします。なお、上記のリンクで“あともう一回”と表記されていますが、間違いです。“だけ”が抜けているととっても萎えますね。“だけ”が大切なんです。


posted by 原 雅明 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。