2008年01月30日

ご無沙汰でございます。

 えー、いろいろあったりするんで、とりあえずサクッと。

 デイデラスの『Live At Low End Theory』はおかげさまで順調な滑り出しで、各所で好評をいただいているようで嬉しい限りです。アメリカでも盛り上がっているようです。思えばバスドライヴァーとやったりした時に、何だコイツ?とヒップホップ方面から睨まれたこともあったのが遠い昔の話のように思います。ちなみにAlpha Pupでは現在、Daedelus' Alive For You contestなる催しを開催中です。これは、デイデラスの作品から好きなトラックを10個選んで投票すると、幸運な一名に、その選曲でmonomeを使ったセルフミックスをデイデラスがプレゼントするという企画です。2/5までです。どしどし投票を!

 デイデラスの陰に隠れながらも地味に支持を集めているのがリッキー・ラッカーの『Fuga』です。Onsaでも発売前から熱心な問い合わせをいただいたり、KenseiさんやKiyoさんといったDJの方たちからも深い共感が寄せられたり、ほんとうに有り難く思います。このアルバムは、メディアの人やバイヤーさんと、リスナーや作り手との温度差を浮き彫りにする作品でもあるように思います。流行とか気にもかけない人の方が素直に受け入れてくれているようにも感じられました。

 ミュージック・マガジンに書いた拙稿についてJOJO広重さんが触れてくれていると教えてもらいました。僕の周りの同業者からはあまり反応がなかったので、意外なところで反応をいただけて嬉しいのですが、広重さんが書かれていることを読んでも、「意外な」ともはや言っていてはいけない状況だと改めて思いますし、いろいろなラインでの繋がりやサポートをそれぞれが考えていかないといけないのです。

 Go Hiyama(a.k.a. LisM)から新しい12”のリリースのお知らせがありました。さわりがここで聴けますが、「ハードミニマルではないような曲調で“実験的”かつ“やりたい事”を前面に押し出して」リリースまで漕ぎ着けた12”だそうです。いまの海外のレーベルはジャンル問わず分かりやすいトラックでないと受け付けない傾向が強まっていますが、そんな中ではスカッとするリリースかもしれません。最近はリミックスを殆ど受けないらしいSurgeonのリミックスも入っています。Surgeonと一緒にEPを出すというのがGo Hiyamaの目標の一つだったそうなので、まずは目標達成おめでとう!

 3月の終わりに久々にmoxaをやる予定です。お楽しみに。


posted by 原 雅明 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。